沖縄気象台によると、26日午後3時現在、熱帯低気圧が沖縄の南にあり、時速25キロで北に進んでいる。同日夜遅くにかけて本島地方にかなり接近し、再び大雨となる恐れ。本島地方は、熱帯低気圧に吹き込む暖かく湿った空気の影響で、大気の状態が不安定となっており、27日にかけて続く見込み。

沖縄本島地方に近づく熱帯低気圧(右下)=26日、午後6時10分(ひまわりリアルタイムWEBより)

熱帯低気圧の進路予想図(気象庁HPから)

沖縄本島地方に近づく熱帯低気圧(右下)=26日、午後6時10分(ひまわりリアルタイムWEBより) 熱帯低気圧の進路予想図(気象庁HPから)

 沖縄気象台は、本島中南部と本島北部に土砂災害と、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼び掛けている。

 熱帯低気圧の中心の気圧は1004ヘクトパスカル、最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートル。今後24時間以内に台風となる恐れがある。
 
 沖縄本島地方では、降り始めの26日午前0時から午後4時までの降水量が、南城市糸数148ミリ、那覇市樋川で137.5ミリ、沖縄市胡屋で130ミリ、読谷村で120.5ミリだった。同地方の27日午後6時までの24時間雨量は多い所で150ミリの予想。