日銀が27日発表した2019年1~3月期の資金循環統計(速報値)によると、家計が保有する金融資産の残高は3月末時点で前年同月比0・3%増の1835兆円だった。年度末としては7年連続で過去最高を更新した。株価の下落傾向で株式や投資信託は減少したが、家計の所得環境の改善を背景に現金・預金が伸びた。

 家計の金融資産の内訳は現預金が1・9%増の977兆円、保険・年金などが0・5%増の525兆円。半面、株式などは9・5%減の183兆円、投資信託は2・2%減の71兆円だった。

 金融機関を除く民間企業の金融資産も1176兆円と0・9%増えた。(共同通信)