浦添市の西海岸開発で中核となる大型商業施設「サンエー浦添西海岸パルコシティ」が27日午前、オープンした。県内初進出となる94店舗を含む250店舗が出店した。那覇空港からの近さと、海が望める西海岸の立地を強みに観光客の利用も想定しており、低価格から高級価格帯までを品ぞろえした。ファッションをメインに、食品や雑貨など幅広い商品を提供する。

サンエー浦添西海岸パルコシティの開業を祝いテープカットする関係者=27日午前9時前、浦添市西洲のサンエーパルコシティ

オープニングイベントの参加し、買い物客を接待するりゅうちぇるさん=27日午前、浦添市西洲のサンエーパルコシティー

サンエーパルコシティが開業。開店と同時に店内に入る買い物客=27日午前9時、浦添市西洲のサンエーパルコシティ

サンエーパルコシティが開業。買い物客でにぎわう店内=27日午前10時、浦添市西洲のサンエーパルコシティ

サンエー浦添西海岸パルコシティの開業を祝いテープカットする関係者=27日午前9時前、浦添市西洲のサンエーパルコシティ オープニングイベントの参加し、買い物客を接待するりゅうちぇるさん=27日午前、浦添市西洲のサンエーパルコシティー サンエーパルコシティが開業。開店と同時に店内に入る買い物客=27日午前9時、浦添市西洲のサンエーパルコシティ サンエーパルコシティが開業。買い物客でにぎわう店内=27日午前10時、浦添市西洲のサンエーパルコシティ

 国内各地でファッションビルを運営するパルコのコネクションを生かして、「ZARA」(8月上旬オープン)やコーチ、アルマーニエクスチェンジなどの外資系ブランドを呼び込んだ。安さが魅力の量販店、高級価格帯の百貨店、独自性の高い専門店の三つの柱で店舗構成することで、あらゆる客層をとらえた「全方位型のショッピングモール」として、既存の総合スーパー(GMS)との差別化につなげる。

 施設を運営するサンエーパルコの上地文勝社長ら関係者がテープカット。午前9時の開業を前に、来店者が列をなした。昨夜8時から開業を待っていた浦添市の男子大学生20は「とても眠いけれど一番乗り出来て良かった。県内初出店のブランドで洋服を買いたい」と話した。