沖縄そばが、地球の反対側にあるブラジル国カンポグランデ市で、独自に進化している。沖縄県人の入植100周年を迎えた街で、牛肉やたっぷりのネギをのせ、しょうゆ味のスープでブラジル人の胃袋をつかんだ。