沖縄タイムス+プラス ニュース

「不公正な人事があった」デニー知事を追及 県議会で攻防

2019年6月30日 06:34

 沖縄県の外郭団体である県物産公社と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)の役員人事を巡り、島袋大氏(沖縄・自民)が27日の県議会一般質問で「不公正な人事があった」「沖縄観光を軽く見ている」と県を追及した。県側は「公平性は失われていない」などと反論した。

沖縄県議会

 島袋氏は物産公社の非常勤会長に就いた中地健氏が、玉城デニー知事の後援会長の企業グループ出身であることから「企業と公社の取引があれば、公平性に欠ける」と指摘した。

 謝花喜一郎副知事は「物産公社から経営力強化や、社長を補佐する観点で会長職新設の要請があった。経済界からの推薦で三役を含め、初めて知った。疑念は一切ない」と述べ、県の人事への関与を否定した。

 島袋氏は「会長の出身企業と物産公社との関連性を調べるのが県の仕事ではないか」と質問。嘉数登商工労働部長は「貸借対照表以外の資料は、県情報公開条例の不開示情報に該当し、公表できない。公社と個々の企業との取引を県は把握していない」と答えた。

 島袋氏はOCVBの下地芳郎新会長が琉球大学の客員教授を兼任することに「沖縄観光のトップはそんな軽いものか」と迫った。新垣健一文化観光スポーツ部長は「観光産業をけん引する重要な機関」と述べ、客員教授の活動は職務に支障のない範囲内との認識を伝えた。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間