沖縄防衛局が名護市辺野古の新基地建設で埋め立てに使用する岩ズリ(土砂)を巡り、業者の見積もり前に作成した設計図書で単価をすでに設定していた疑惑が浮上している。防衛局は設計図書の作成時には単価を記載せず、見積もりを経て設計図書に追記したと説明し、記録を開示した。