【平安名純代・米国特約記者】沖縄の米軍基地を巡り、米政権内で異なる見解が表面化し、対立を招いていたことが分かった。「沖縄の基地は有事のためにある」と主張する米大統領側近に対し、「地域の平和維持に貢献している」と主張した米国防総省トップは「軍事を外交の取引材料にするな」と反発していた。