沖縄タイムス+プラス ニュース

名護市議選の民意 政府淡々「見て見ぬふり」

2014年9月9日 07:50

 米軍普天間飛行場への名護市辺野古への移設の是非が大きな争点の一つとなった名護市議選。移設に反対する候補者の当選が半数を超えた最新の民意に、政府は今後の名護市との協議など成り行きに与える影響を懸念する一方、表向きは辺野古移設だけが争点ではない-と冷めた見方も示す。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気