県内最大級の商業施設「サンエー浦添西海岸パルコシティ」が開業して初の週末を迎えた29日、店内は開店直後から、家族連れやカップルなど休日を楽しむ多くの買い物客でにぎわった。県警交通管制センターによると午後5時までに、目立った渋滞はなかった。

多くの買い物客でにぎわうサンエー浦添西海岸パルコシティ店内=29日午前、浦添市西洲(下地広也撮影)

 開店5分前になると、1階平面駐車場の入り口だけでも200人以上が待ち構え、午前9時の開店と同時に一斉に店内へ流れ込んだ。

 浦添市の上間麻衣子さん(35)は、子どもの要望でタピオカ店に並び「開店直後に来たが30分も待ってやっと買えた。この後はランチや買い物を思う存分楽しみたい」とうれしそう。友人と訪れた那覇市の仲間友奈さん(22)は「映画を目当てに来たが、沖縄初出店がたくさんあって見ているだけで楽しい。予定外の買い物をしてしまいそう」と満喫していた。

 同店のホームページ(HP)では、駐車場の空車や周辺道路の交通情報を常時掲載。シャトルバスも運行した。サンエー経営企画部の担当者は「夕方以降の退店ラッシュや平日の通勤時間帯は周辺道路が渋滞することがあるかもしれない。HPの情報やシャトルバスを活用してもらいたい」と呼び掛けている。

 浦添署は同日、警察官4人を専従で配属し、店舗内や周辺道路の警戒に当たったが、午後5時半までにトラブルはなかった。