ヤクシマザル14匹が脱走し、27日から臨時休園していた沖縄県沖縄市の動物園「沖縄こどもの国」が30日午前、3日ぶりに営業を再開した。29日までに全14匹が捕獲され、サル舎に戻されていた。

おりに戻り、寄り添い合うサルたち=30日午前10時3分、沖縄県沖縄市の沖縄こどもの国

「あれが逃げたサルだね」と指さす親子連れ=30日午前10時半ごろ、沖縄県沖縄市の沖縄こどもの国

おりに戻り、寄り添い合うサルたち=30日午前10時3分、沖縄県沖縄市の沖縄こどもの国 「あれが逃げたサルだね」と指さす親子連れ=30日午前10時半ごろ、沖縄県沖縄市の沖縄こどもの国

 午前9時半のオープンと同時に、多くの来場客がサル舎に向かった。来場客は「本当に戻ってきている」と言いながらサルの数を数えたり、「さばみそ」「おたま」といったユニークなサルの名前が書かれたプロフィルを興味深そうに眺めたりしていた。

 大阪から観光で来た風本晶美さん(55)は27日に家族で同園に来たが、サルたちが逃走したばかりで入場できなかった。この日、サルたちを一目見ようと再び訪れ「実際に見て、リベンジできて良かった」と笑顔で語った。孫の彩さん(10)は「思ったより小さくてかわいかった」と話した。