【読谷】闘牛女子で写真愛好家の南風原町兼城の新垣フミ子さん(75)が第106回沖縄写真連盟と沖縄タイムス共催の写真展で「連盟賞」に輝いたことを受け、新垣さんはこのほど、被写体になった古堅モータース代表の佐久川政秀さん(62)=村古堅=と佐久川さんの愛牛「黄龍」を訪ね報告した。

佐久川政秀さん(右)に受賞を報告した新垣フミ子さん(中央)と、牛仲間の安慶名峰子さん=読谷村古堅

 受賞作のタイトルは「あちさんやー(暑いなぁー)」。

 日頃から佐久川さんと親交のある新垣さんが、今年4月初めの昼下がりに訪ねると、佐久川さんはちょうど黄龍と散歩に出掛けようと庭に出ていた。

 佐久川さんは「自分も暑い、君も暑いだろう?」と愛牛の首にタオル、久場がさクバ笠(がさ)をかぶせ愛情たっぷりにねぎらう様子に、新垣さんは思わずシャッターを切ったという。

 新垣さんは「闘牛の写真撮り始めて13年。少しは牛の気持ちが分かったかな」と受賞を喜び、佐久川さんは「わざわざ足を運んでいただき恐縮。こちらもうれしい」と目を細めた。(翁長良勝通信員)