沖縄タイムス+プラス ニュース

「持ち上げ」食堂の人気健在 沖縄の庶民の台所 牧志公設市場、仮設営業も活気

2019年7月2日 10:10

 老朽化による建て替えのため閉場した第一牧志公設市場が1日、仮設市場での営業をスタートした。開店とともに地元客や観光客が詰め掛けにぎわった。

開店と同時に多くの買い物客が詰め掛けた仮設市場=1日午前、那覇市

 仮設市場は、旧市場から約100メートル離れた「旧にぎわい広場」に建てられた。プレハブ2階建てに84店舗が並ぶ。店舗で購入した魚などを市場の食堂で調理する「持ち上げ」も相変わらずの人気だった。

 午前10時20分の開店と同時に三線の生演奏を披露した「仲尾次三味線なんでも屋」の仲尾次武社長(62)は「アーケードがないからお客さんの入りが心配だけど、お客さんが来てくれたらうれしいね」と話した。

 かねこ蒲鉾(かまぼこ)店3代目の上原史江さん(59)は店舗前を通る人に菓子を配った。「お客さん第一で新鮮な食材を提供していきたい」と話し、「市場でしか買えない商品を作っていきたい」と力を込めた。

 開店前から待ちわびていたという津波古マサ子さん(77)=南城市=は、月3回のペースで旧市場に通っていたという。仮設市場を見渡し「店のスペースは小さくなったけど新しくなってジョートー。なじみの店でさしみを買ってこようね」と急いだ。

 この日仮設市場前で開かれたセレモニーには城間幹子那覇市長や市場事業者らが出席した。同市場の粟國智光組合長は「沖縄の食文化の発信や商店街の活性化につなげていきたい」と意気込んだ。

ありがとう牧志公設市場 ウェブ写真館
1960年代から現在まで、本紙が取材で撮影した写真を多数掲載しています。心に刻みたい沖縄の風景、こちらからチェックできます。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
注目トピックス
今日もガッツリ!運転手メシ「お肉の名店」特集
今日もガッツリ!運転手メシ「お肉の名店」特集
運転手メシ特別企画「お肉の名店」特集です。夏こそ!ガッツリ!食べて!元気チャージ!!
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
お陰様で11周年目を迎えます。 今年も受講生が期待できるテーマを準備して引き続き開催致します。
LINE@公式アカウント紹介企画
LINE@公式アカウント紹介企画
企業や団体の「LINE@」を紹介! 友だち追加でお得な情報やクーポンをゲットしよう!!
しまくとぅば広告
しまくとぅば広告
消滅の危機にある「しまくとぅば」をもっと使おう!
週刊沖縄空手が読み放題
週刊沖縄空手が読み放題
空手発祥の地・沖縄から毎週発信! 電子版で「週刊沖縄空手」が世界のどこでも読めます。
今日もがっつり!運転手メシ
今日もがっつり!運転手メシ
沖縄タイムスの運転手がつづるグルメブログ。「安い」「おいしい」「腹いっぱい」の食堂や総菜屋さんを紹介します。
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします