今年3月、読谷村宇座の海岸で遺体で発見された女性を殺害してキャッシュカードなどを奪ったとして、県警は2日までに知人の男(36)を強盗殺人の疑いで逮捕状を取った。同日中に逮捕するとみられる。

 県警は5月末、女性のキャッシュカードを盗み、預金を引き出したとして男を窃盗容疑で逮捕・起訴していた。県警は現金を引き出した目的や死亡した女性との関係を詳しく調べていた。

 女性が発見されたのは3月2日午後0時半ごろ。残波岬から南南東約1・5キロ、岸から4、5メートル沖合でうつぶせの状態で浮いており、Tシャツに黒色のパーカー、ジーンズを身に着けていた。目立った外傷は確認されていない。119番通報で駆け付けた消防隊員がその場で死亡を確認した。