県警は2日、読谷村宇座の海岸で宜野湾市の女性を殺害後、本人のキャッシュカードや現金を盗んだとして、埼玉県川口市の男を強盗殺人の疑いで逮捕した。容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は今年3月2日午前0時45分~同2時47分の間、読谷村宇座の海岸で女性を溺死させ、キャッシュカードと現金入りの財布を盗んだとしている。

 容疑者は殺害後、盗んだキャッシュカードを使ってATMで現金を引き出すよう知人女性に指示。6回にわたって計267万円を引き出した疑いがある。

 県警の調べによると、事件発生当時、容疑者と女性の2人が現場付近にいたことが防犯カメラや関係者の証言から明らかになった。2人は知人関係にあるという。

 県警は2日、11管区海上保安本部との合同特別捜査本部(捜査体制約120人)を設置した。