沖縄タイムス+プラス ニュース

テントなど資材50万円分 米軍が撤去 沖縄・高江のヘリパッド建設

2019年7月3日 12:51

 沖縄県東村高江の米軍北部訓練場の「NI」地区出入り口前で2日午後7時半ごろまでに、市民が監視のために使っていたテント2張やテーブル、いすなどが米軍によって撤去された。機材の撤去は今年4月3日以来で、その後、市民らが改めてテントなどを設置。米軍は北部訓練場の施設内だとして、4月25日までに撤去するよう通知していた。

米軍によりテントが撤去された跡地で監視を続ける市民=3日、東村高江

 3日、撤去に気付いた市民が再びテントの設置準備を進めている。監視役の市民が帰った2日午後5時以降に撤去されたとみられ、持ち去られた機材の総額は50万円以上だという。

 「ヘリパッドいらない」住民の会の儀保昇さん(64)は「県警を連れてきて堂々と排除すればいいのに、人がいない時間に撤去したところに彼らの後ろめたさがある」と批判した。監視を支援していた豊見城市の糸数清さん(71)は「取られてもまた抵抗するだけ。われわれはクテーラン(こたえない)」と強調した。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間