沖縄県出身バンド、MONGOL800でギターとボーカルを担当する儀間崇さんが3日、脱退した。同バンドの公式サイトで発表した。4月から、体調不良のためMONGOL800としての活動を休養していた儀間さんは「モンパチは自分の全てでした。今まで関わってくれた方々に感謝しています」とコメントした。。

モンゴル800のギター&ボーカル担当の儀間崇さん

 儀間さんは「音楽を辞めるつもりはありません」とし、表現活動を継続するという。残るメンバーの上江洲清作さん、高里悟さんはサポートメンバーを入れながら活動を継続する。2人は同サイトで「儀間の新たな選択をご理解いただけますようお願い申し上げます」としている。

 MONGOL800は、1998年、高校の同級生で結成。2001年9月にリリースしたアルバム「MESSAGE」がオリコン1位となった。「小さな恋のうた」「あなたに」などの代表曲がある。デビュー以来、故郷沖縄を拠点に活動し、「琉球愛歌」や「矛盾の上に咲く花」など、沖縄をテーマにした楽曲も制作している。

 毎月第1日曜日に沖縄タイムスの文化面で連載中の「ぎまぁタイムス」は継続する。