健康増進法の改正で受動喫煙対策が強化された1日までに、沖縄県内9大学のうち、6大学が敷地内での喫煙を全面的に禁じた。ほかの3大学は屋内を禁煙とし、屋外に喫煙所を設けている。そのうち、琉球大学(西原町)は2カ所ある屋外の喫煙所を来年4月までに撤廃し、全面禁煙に移行する。