沖縄県は4日までに、中国北京で開かれた「中国国際ソフトウエア博覧会」に初参加し、2020年2月に県内で開かれる「ResorTech(リゾテック)おきなわ国際IT見本市」への参加を呼び掛けた。博覧会には328社が出展し、約15カ国から3万人が訪れた。中国最大規模のIT関連の展覧会という。

中国の博覧会で、2月に県内で開かれる国際IT見本市を紹介する県の山里永悟副参事(左)=6月29日、中国・北京市内(県北京事務所提供)

 博覧会は、中国工業情報化部と北京市人民政府の共催。6月28~30日までの3日間の日程で、17のフォーラムが同時に開かれた。

 県は、29日の分科会に情報産業振興課の山里永悟副参事が登壇した。リゾテックが、リゾートとテクノロジーを組み合わせた造語だと説明。

 「市場が拡大する沖縄のリゾート産業に、ITを掛け合わせて課題などを解決し、より質の高いサービスの創出を提案する」とし、見本市への参加を呼び掛けた。

 中国ソフトウエア産業協会の常務理事で、日本事務所長も務める周密氏は「見本市にぜひ参加したい。協会会員にも呼び掛けていきたい」と語った。

 リゾテックは宿泊や、マリンリゾートなどの体験型観光、移動、食・農業などを包括した「観光産業」とITを掛け合わせ、課題解決や新たなビジネスを創出するイベント。見本市では展示会や会議、商談会などがあり、国内外の先端技術や企業を集結させ、「リゾテック沖縄」という新たなブランドを世界に発信する。

 県は来年2月5、6の両日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターをメイン会場に「リゾテック沖縄国際IT見本市」を開く予定。本番は21年で、20年はプレ開催と位置付ける。実行委員会が9日に会見し、詳細を発表する。