4日に公示された参院選比例代表には県出身の新人3氏が立候補した。元衆院議員の比嘉奈津美氏(60)=自民、党県中部地区委員会副委員長の島袋恵祐氏(32)=共産、前県議の仲村未央氏(47)=社民=は東京や那覇、沖縄市内で支持を訴えた。