沖縄県中城村のうえむら病院(上村哲院長)は5日、沖縄こども未来プロジェクト本部(代表・武富和彦沖縄タイムス社長)に100万円を寄付した。贈呈式で上村院長は「子どもたちが勉強できる環境づくりに役立ててほしい」と期待した。

武富和彦社長(右)に100万円を寄付する上村哲院長=5日、中城村・うえむら病院

 同席した同院の上村美由喜理事は給付を受けた子どもの感想に触れ「大人になったら自分が支援する側になりたいとの声に感動した。これからも親戚のおじさん、おばさんの気持ちで続けていきたい」と語った。

 武富社長は「支援を必要とする方の自立に向けた生活の支えとなるよう役立てていきたい」と話した。

 同院は2017、18年も同プロジェクトに100万円を寄付している。