沖縄タイムス+プラス ニュース

宮古・与那国に情報保全隊配置 陸上自衛隊配備に伴い 住民監視の懸念

2019年7月7日 09:30

 与那国町と宮古島市の陸上自衛隊配備に伴い、外部の情報収集や隊員からの情報流出などを監視する「情報保全隊」も配置されていたことが6日、分かった。軍事評論家の小西誠氏が情報公開請求で入手した、情報保全隊の組織図に明記されていた。小西氏は、先島の住民が監視対象になり得ると懸念している。

 一方、この請求で開示された宮古島陸自の配備計画資料は、大部分が黒塗りで、情報保全隊の存在も確認できなかった。小西氏は他地域では同隊の存在を公表しているケースもあるとし「宮古は弾薬保管の説明で問題となった経緯もあり、隠蔽(いんぺい)したかったのではないか」と指摘した。

 情報保全隊を巡っては2007年、イラク自衛隊派遣を巡り、同隊が自衛隊活動に批判的な沖縄を含む全国の個人・団体を監視していた内部資料が国会審議で判明。「国民を監視している」などと批判が起きた。

 情報保全隊は全国の自衛隊基地を網羅する形で配置され、県内では陸自那覇駐屯地、空自那覇基地などに配置されている。建設が進む石垣島の陸自駐屯地にも、配置される可能性がある。

 政府関係者は「情報保全隊は情報漏えいを狙った外部の不正な接触から隊員を守るための存在であり、特別なものではない」と説明する。

 一方、小西氏は「平和運動などの監視はイラク派兵よりずっと前から行われてきており、住民はその対象になりうる」と指摘した。

 情報保全隊は、部隊の運用上、情報保全業務で必要な資料や情報収集、整理などを行う。

 07年には県内でも、沖縄弁護士会などが情報保全隊の情報収集の対象となっていたことが判明し、市民らが反発した経緯がある。

 

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ
ちゅらグルメ×オリオンビール 飲食店応援プロジェクト【PR】
ちゅらグルメ×オリオンビール 飲食店応援プロジェクト【PR】
特設ページ「お店の味をおうちで楽しもう!テイクアウト&デリバリー」の登録店と人気メニュー、店主らの思いを紹介します。
「#やーでうちなー」プロジェクト
「#やーでうちなー」プロジェクト
今は行けない沖縄を感じる写真を、ウエブ会議の背景用に提供
新聞記者の取材によるグルメサイト
新聞記者の取材によるグルメサイト
沖縄タイムスの取材による豊富なグルメ記事を掲載。マップから近くのお店を検索できます。参加飲食店募集中!
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
乗り切ろうコロナ みんなのエール
乗り切ろうコロナ みんなのエール
新型コロナウイルス 危機を乗り越えるメッセージと写真を募集しています。 皆様のことばをお待ちしております。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
沖縄タイムス社 採用情報
沖縄タイムス社 採用情報
定期採用試験の見送りと社会人採用の一時中断のお知らせ
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。