「船長がいなかったら今の私はいない。直接お礼を言いたい」。東京でベトナム料理店を営む南雅和さん(50)が13日に沖縄を訪れ36年ぶりに命の恩人との再会を果たす。相手は沖縄水産高校の実習船で船長を務めた宮城元勝さん(75)=那覇市。南さんは1983年8月8日、同校の実習船「翔南丸」に救助されたベトナム難民の一人。沖縄の恩人にこれまでどう生きてきたかを報告するつもりだ。(デジタル部・宮城栄作)=詳細はウェブ限定記事で

「沖縄で宮城さんら翔南丸の船員らとの再会を楽しみにしている」と話す南雅和さん=6月、東京都内のベトナム料理店「イエローバンブー」

南雅和さんらベトナム難民105人が乗っていた木造船。翔南丸(左)に横付けし、難民らがよじ登ってきた=1983年8月4日、南シナ海(宮城元勝さん提供)

救助やその後の経緯を伝える当時の新聞記事(宮城元勝さん提供)

南雅和さんの来県に向け、実習船の元乗組員らと連絡を取る宮城元勝さん=6月、那覇市内

「沖縄で宮城さんら翔南丸の船員らとの再会を楽しみにしている」と話す南雅和さん=6月、東京都内のベトナム料理店「イエローバンブー」 南雅和さんらベトナム難民105人が乗っていた木造船。翔南丸(左)に横付けし、難民らがよじ登ってきた=1983年8月4日、南シナ海(宮城元勝さん提供) 救助やその後の経緯を伝える当時の新聞記事(宮城元勝さん提供) 南雅和さんの来県に向け、実習船の元乗組員らと連絡を取る宮城元勝さん=6月、那覇市内

 当時14歳だった南さんら一行がサイゴン(現ホーチミン)郊外の川辺から出国したのは83年8月4日。全長13・2メートル、幅3・7メートルの小さな木造動力船には、乳児から50代まで男女105人がひしめき合っていた。

 ベトナムでは戦争が終結し社会主義体制に変わってから、新体制になじめない人たちが大量に難民となり外国を目指した。当時「ボートピープル」と呼ばれ、漂流中の死亡や受け入れ先などを巡り社会問題となっていた。南さんもその一人。旧南ベトナム政府の役人だった父親が75年のサイゴン陥落時に新体制側に逮捕され、家族は離散していた。「将来に希望が持てない」と出国を決意した。

 ぎゅうぎゅう詰めの木造船は、食料も燃料も乏しく3日で底をついた。水もなくなり、他人の尿を飲んで渇きをしのぐ人もいた。外洋での救助をあてにした危険な逃避行。船影を見つけると男たちが甲板に出てサインを送り続けた。しかしいくつもの船が通り過ぎていった。誰もが死を覚悟した4日目の早朝、インド洋での実習を終え沖縄に向けて南シナ海を航海中の翔南丸が木造船に気付いた。

 点滅する明かりを発見した一等航海士が船長の宮城さんに連絡。「海賊船かもしれない」といぶかりながらも船を近づけるよう指示した。すると小さな木造船の甲板に女性や子どもたちが次々と出てきた。「ベトナム難民だ」。宮城さんは船をつけることを即断した。

「同じ船に乗った仲間」元難民と再会心待ち

■沖水実習船の元船長・宮城さん

 「『助かる』と皆元気になって、一気に力が出てきた」。1983年8月、小さな木造船で出国した南雅和さんらベトナム難民たちは、近づく沖縄水産高校の実習船「翔南丸」の姿に喜んだ。右舷につけると難民たちは競ってよじ登り、実習船の甲板は瞬く間に人で埋め尽くされた。救助されたのは男性63人、女性42人の計105人。実習生など69人が乗船していた実習船は、最大搭載人数(75人)の倍以上に膨らんだ。

 実習生たちはTシャツやタオルなど日用品をすすんで難民たちに分け、食事も同じメニューを提供。全員で節水節食しながら乗り切ることを決めた。実習船の船長だった宮城元勝さんの当時のメモには「米、副食とも残り少なくなるも、那覇まで節食できる」とある。難民たちについては「不眠と不安からさめ笑みを浮かべ」「中華料理が自慢のコック長の三度の食事にご満悦」と、実習船側の親身な対応に和んでいった様子が書かれている。

 一方、事態が伝えられた沖縄側では、実習船の最大搭載人数を大きく上回る難民の乗船に懸念の声も上がっていた。日本政府は難民たちの早期の下船を模索。政府間交渉でフィリピンでの受け入れが決まり救助から4日後の12日未明、実習船はマニラに入港した。

 「皆さんのこと、一生忘れない」。難民たちは下船時、船員や実習生の手を固く握ったり、抱き付いて頬ずりしたりして全身で感謝の気持ちを表した。

 「救いの手を差し伸べたのは当然のこと。実習生は人命と平和の尊さについて身をもって学んだ航海になったと思う」と振り返る宮城さん。長い船長としての経験の中でも、忘れられない思い出となっている。

 マニラに降りた南さんはその後、日本に渡り難民収容所などで過ごした。「助けてもらった日本に住もう」と定住を決意。上京して進学し、94年に日本国籍を取得した。日本企業のベトナム駐在員などの経験を経て2010年にベトナム料理店を都内で開店した。

 その店に1年前、沖縄の高校教師が訪ねてきたことがきっかけで初めて宮城さんにつながった。

 今年3月、電話で話した2人。泣きながら「ありがとうございました」と繰り返す南さんに、宮城さんは「温和な人だなとの印象を持った」と話す。南さんが来県する7月13日には、当時の乗組員らと共に歓迎会を開こうと計画している。「長い時間かかってようやく出会える。同じ船に乗った仲間として今後もお付き合いしていきたい」と再会を心待ちにしている。