沖縄タイムス+プラス ニュース

「パートナーシップ築き上げる」 キャリー司令官着任 沖縄・嘉手納基地

2019年7月8日 11:34

 沖縄県の米空軍嘉手納基地第18航空団の司令官交代式が8日午前、同基地の第353特殊作戦群の整備格納庫内であり、新司令官にジョエル・キャリー准将が就任した。在日米軍のケビン・シュナイダー司令官から第18航空団の旗を受け取ったキャリー氏は兵士らを前に「日本とのパートナーシップ、友情は今までにないほど大事であり、そして自由で開けた太平洋を守るための礎となっている。ここでパートナーシップを一緒に築き上げていくこと、仕事ができることを誇りに思う」と述べた。

在日米軍のケビン・シュナイダー司令官(左)から第18航空団の旗を受け取った第18航空団新司令官のジョエル・キャリー氏(中央)。右は前司令官のケース・カニングハム氏=8日午前、嘉手納基地内

 キャリー氏はアフガニスタン・カブールで第438航空遠征航空団司令官から着任。嘉手納基地での勤務は1998年、2009年に続き3回目。

 17年から同基地で司令官を務めたケース・カニングハム氏は米国インド太平洋軍司令部に配属される。

 

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間