ハワイ沖縄連合会は6月1日、沖縄系3世のジョン・イトムラ氏を専務理事に選任した。イトムラ氏は過去に同連合会会長、ハワイ沖縄フェスティバル代表、北谷嘉手納町人会会長などを歴任し、20年以上ハワイの沖縄コミュニティーに貢献。2016年に沖縄県から沖縄民間大使に任命された。イトムラ氏はまた、戦後沖縄救済のため550頭の豚を運んだメンバーの一人、島袋真栄氏の孫に当たる。

 ハワイ沖縄連合会は沖縄の文化を永続的に継承・発展させることを目的とした非営利団体で、ハワイ州全域に50のクラブと約4万人の会員を有している。専務理事職は沖縄県とのパイプ役となるほか、組織全体を長年にわたりけん引する重要な役職。

(写図説明)ジョン・イトムラ氏