【山城博明通信員】オキナワ移住地にある、オキナワ第一日ボ学校(スペイン語部・ロレナ・クルス校長、日本語部・井上久美校長)主催の第31回運動会がこのほど、同校の運動場で行われた=写真。開会式では、オキナワ日本ボリビア協会の中村侑史会長が「今日まで日々練習を重ねてきたと思う。その成果を父母の皆さんの前で十分に発揮してほしい」と参加者を励ました。

 時折微風の吹く絶好の運動会日和。生徒たちも赤、白のチームに分かれて応援合戦や徒競走、各種リレー、ダンスなど、多彩なプログラムに汗を流した。恒例の家族リレーでは、生徒の家族がチームに加わり、競技に参加。保護者も子どもたちの声援を背に力走し、大きな声援を受けた。

 オキナワ第一日ボ学校は私立校。午前中はボリビアの教科を学び、午後からは日本語の授業を行っており、主に日系人生徒が通学している。