今回の参院選は、憲法改正に前向きな「改憲勢力」が国会発議に必要な3分の2以上の議席を維持することができるかが焦点の一つである。 安倍晋三首相は今年の憲法記念日に2020年に新憲法を施行する考えに変わりはないことを強調した。 第一声から改憲を取り上げたのは過去になかったことだ。