1972年9月23日、那覇市の国際通りは、10万人の県民であふれかえっていた。本土復帰直後の沖縄で、初めて実施された歩行者天国だった。  「とにかくすごい人。