関東大震災は1923年9月1日、午前11時58分に発生した巨大地震「関東地震」により、引き起こされた地震災害の総称。関東地震は、東京で震度6を観測。これを最後に、2000年の三宅島の噴火による火山性地震を除くと、都内で震度6弱以上の地震は発生していない。