ITベンチャーのPayke(ペイク、北谷町、古田奎輔代表)が提供する、バーコードをスキャンして多言語で商品情報を伝えるアプリ「Payke」が、アジア圏からの観光客を中心に利用が拡大している。