沖縄タイムス+プラス ニュース

銃で武装した米兵6人が県道を行軍 沖縄の北部訓練場近く

2019年7月11日 08:00

 沖縄県東村高江の米軍北部訓練場「N1」地区出入り口前で10日正午ごろ、銃で武装した米兵6人が行軍しているのを、ヘリパッド建設に反対する住民らが確認した。

米軍北部訓練場「N1」地区出入り口前を行軍する武装米兵=10日、東村高江(「ヘリパッドいらない住民の会」提供)

 目撃した「ヘリパッドいらない住民の会」の儀保昇さん(64)によると、迷彩服を着た米兵は小走りで南向けに行軍したという。儀保さんは「長い銃を持っていたので驚いた。県道での行軍はおかしいのではないか」と話した。

 沖縄防衛局は本紙の取材に対し、県道を銃を所持した米兵が歩行したのを確認しているとし「目的などについて米側に照会している。違反かどうかは現段階ではコメントできない」と回答した。

 また同日午前、同地区出入り口付近にある住民側のテントなどに、防衛局による撤去通知文が置かれているのが見つかった。16日午後5時までの撤去を求めている。

 

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気