にぎやかな国際通りから一本入ったところを進むと、印象的な名前の店が目に入った。ドアを開けると、軽やかな音楽が出迎えてくれ、中心市街地にいることを忘れさせてくれる。店名に「アトリエ」と付いているがアトリエはない。聞くと、店を始めた頃はアーティストが作品を発表する場として親しまれており、その名残だという。

栄養満点の「毒だし定食」。発酵食にこだわり、垣花さんが一つ一つ丁寧に作っている=那覇市牧志・はなはなアトリエカフェ

6年前に店をオープンした垣花和美さん

はなはなアトリエカフェ

栄養満点の「毒だし定食」。発酵食にこだわり、垣花さんが一つ一つ丁寧に作っている=那覇市牧志・はなはなアトリエカフェ 6年前に店をオープンした垣花和美さん はなはなアトリエカフェ

 県内でも珍しい、発酵食品を提供する「はなはなアトリエカフェ」。オーナーの垣花和美さん(63)の一押しは、「翌朝すっきりする」と評判の毒だし定食(1100円)だ。メインは魚や肉など10種類から選べる。サバは発酵食品の一つ、塩こうじに漬けて焼くのが定番。身がふっくらし、うまみが増す。

 垣花さんが特にこだわるのは発酵玄米。2日間発芽させ、3日以上かけて発酵させることで食べやすく、もちっとした食感を楽しむことができる。食べ放題の漬物も常時4~5種類を用意。季節ごとにおいしく食べられる野菜を漬けて提供する。

 2013年7月に自宅にカフェを併設した。最初はスパゲティやチャーハンなどを提供する軽食の店だったが、4年前、知り合いをきっかけに発酵食品と出合った。「腸をきれいにすることで体全体がよくなることに気付いた」。自分の店でも発酵食品を使った料理を提供するようになり、食に気を使う人を中心に評判が広まった。「リピーターに支えられてきたからこそ6周年を迎えることができた」と感謝する。

 「自分の体をつくるのは毎日の食事。食を通して健康になるお手伝いができれば」と話す垣花さん。店は朝早くから営業しており、発酵玄米やみそ汁などが付いた毒だしモーニング(550円)も好評だ。「今後も、来てくれる方たちに安全安心な食を提供していきたい」と語った。(那覇担当・比嘉桃乃)

 【お店データ】那覇市牧志2の9の46。営業時間は午前8時~午後3時、午後5時~8時(金・土・祝日は午後3時までの営業)。日曜定休。14席。駐車場1台。電話098(867)3115。