生活保護は国民の生存権を定めた日本国憲法25条に基づき、すべての国民が健康で文化的な最低限度の生活を営めるよう、経済的に困窮した人に国が援助し自立を助ける制度。制度の基本的な考え方や運用は生活保護法に則っている。