セブンイレブンが2019年7月11日、沖縄に初出店し、コンビニ"大競争時代”が幕を開けた。しかし、沖縄には、1987年に出店したファミリーマートが325店舗、1998年に出店したローソンは230店舗あり、先行している。セブン-イレブンは14店舗。

 県内のどこにコンビニがあるのか、ファミリーマートとローソン、セブン-イレブンの場所をそれぞれデジタル地図に落とし込んだ。Googleマップを使用。

 拡大、縮小などの機能もあり、周辺の店舗やコンビニの距離などが確認できる。

 ファミリーマートは公式ホームページからのデータで、325店舗分。ローソンは、タウンページに登録されている209店舗分。セブン-イレブンは公式ホームページからのデータで、14店舗分。