那覇市内の県立高校で2015〜17年度、楽器調整のための県費(役務費)が不正に会計処理されていたことが12日、明らかになった。役務費は同校吹奏楽部顧問(当時)と楽器を扱う業者間で「プール金」として留保され、同部の楽器購入に充てられた。