沖縄タイムス+プラス ニュース

読谷・美里工・興南・宜野湾が8強入り 高校野球沖縄

2019年7月13日 16:35

 夏の甲子園出場を懸けた高校野球の第101回全国選手権沖縄大会(主催・県高校野球連盟)は13日、沖縄セルラースタジアム那覇とコザしんきんスタジアムで3回戦4試合が行われ、中部商との打撃戦を制した読谷など4校が準々決勝に進出した。

 美里工は首里東に完封勝ち。興南は具志川商をコールドで下し、宜野湾も4-0で那覇工を破った。

 大会は64校が出場。決勝は21日の予定。優勝校は8月6日に阪神甲子園球場で開幕する全国大会(夏の甲子園)に沖縄代表として出場する。

 <試合結果>
那覇工    0    ー    4    宜野湾          
美里工    3    ー    0    首里東          
興 南    8    ー    0    具 商          
読 谷    11    ー    10    中部商

 

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気