県内のYナンバー車両による「白タク」疑惑で、岩国基地(山口県)や三沢基地(青森県)など県外の米軍基地周辺でも同様な違法サービスが行われている疑いのあることが13日、沖縄タイムスの取材で分かった。フェイスブック(FB)の複数のアカウントで、運転手側が料金を設定していると読める記述がある。一部のアカウントは本紙の報道後に削除された。

特定の場所に縦列して待機する白タクとみられるYナンバー車両=6月16日午前0時12分、北谷町美浜(画像の一部を加工しています)

 道路運送法では、相乗りした人が自発的に謝礼を支払う場合は「有償」とはみなされない。日本でも広がっているライドシェア(相乗り)サービスは、こうした「無償性」を前提としており、法規制の対象外だ。

 一方、あらかじめ定められた料金表などを基に運転手側が金銭を受け取った場合は「有償」とみなされ、許可を受けたタクシーなどでなければ違法とされる。

 岩国基地がある岩国市でライドシェアサービスを提供しているアカウントは「(有償のライドシェアは)岩国には存在せず、沖縄の例を参考にこのグループを作った」と記述。「運転手が料金を設定してください」との文言もあり、違法の可能性がある。アカウント管理人には海兵隊員も含まれていたが、アカウントは現在削除されている。

 三沢基地を拠点にしたアカウントでも、運転手が「寄付」の価格を設定できると読める表現があった。(社会部・西倉悟朗、比嘉太一)