色鮮やかな花火が夜空を彩った海洋博公園花火大会=13日午後、本部町・エメラルドビーチ(国吉聡志撮影)

 海洋博公園サマーフェスティバル2019・第41回花火大会(主催・同大会実行委員会)が13日、沖縄県本部町の同園内エメラルドビーチで開かれた。県内最大級の1万発の花火が夏の夜空を彩り、主催者発表で約3万9千人の観客が見入った。

 テーマは「花々が彩る夏の宴」。第1部では県内アーティストの音楽に合わせ、ヒマワリ、ハイビスカス、桜などの形の花火が夜空に舞った。第2部は、国内外の有名花火コンテストで受賞実績がある「伊那火工 堀内煙火店」の花火が披露された。

 家族で訪れた比嘉陽(ひより)さん(11)と雫ちゃん(3)は「植物などいろんな形に見える花火はすごかった。魔法みたい」と笑顔を見せた。