動物や来場者に涼しさを満喫してもらおうと、沖縄県沖縄市の沖縄こどもの国は13日から「アイスまつり」を開催している。同日、園内の動物たちには凍らせた餌がプレゼントされた。餌を頬張るモルモットやライオンの様子に、親子連れからは「涼しそう」などの声が上がった。まつりは15日まで。

凍らせた馬肉を前に身を乗り出す雌ライオンの「カノ」=13日、沖縄こどもの国

 雌ライオンの「カノ」は、凍った馬肉が贈られた。冷たい肉を不思議そうに見つめていたが、ぺろぺろなめたり、かじったりして堪能していた。同園こども未来課の吉岡由恵さん(39)は「冷たい餌は少量なら動物たちも夏バテ防止になる。来場者にはシャーベットが配られる。ぜひ来てほしい」と呼び掛けた。

 13日の沖縄地方は太平洋高気圧に覆われておおむね晴れ、久米島空港や宮古島など4カ所で今年の最高気温を更新した。同日県内で気温が最も高かったのは、竹富町波照間で午後2時8分に33・2度を観測した。