【ソウル共同】韓国の情報機関、国家情報院は16日、2月の米朝首脳会談の実務協議を担当し、会談決裂を受けて銃殺刑に処されたと韓国紙が報じた北朝鮮の金革哲氏が生存しているとの見方を示した。(共同通信)