【読谷】歌を通して社会福祉貢献を続けるユンタンザ歌の会(上地力会長)は6月27日、チャリティー歌謡ショーの収益金として村社会福祉協議会(長浜真佐夫会長)に福祉車両1台を寄付した。 チャリティーショーは22年連続で続けている。1996年度から村社協に寄付を続けており、総額1580万円以上。