気象庁によると大型の台風5号は18日昼過ぎから18日夕方にかけて沖縄・先島諸島にかなり接近する見込み。沖縄地方は20日にかけてうねりを伴った高波に警戒し、強風に注意する必要がある。沖縄地方では19日は高潮にも警戒が必要だ。

台風の進路予想図(気象庁HPより)

 また、沖縄地方や西日本から東日本にかけて大雨の恐れがあり、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒・注意するよう呼び掛けている。

 台風5号は18日午前6時現在、沖縄の南の北緯22度10分、東経123度55分にあり、時速20キロで北へ進んでいる。中心の気圧は990ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで中心から半径650キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 台風は発達しながら北上し、18日昼過ぎから18日夕方にかけて先島諸島にかなり接近する見通し。その後、20日にかけて東シナ海を北上する見込み。

 台風5号の影響で、沖縄本島地方と先島諸島では、東または南東の風が強く吹いている。予想される最大風速(最大瞬間風速)は18日、沖縄本島地方で18メートル(30メートル)。先島諸島で20メートル(30メートル)。19日は沖縄本島地方で20メートル(30メートル)。先島諸島で20メートル(30メートル)。

 18日から19日にかけて、沖縄本島地方と先島諸島の多い所で1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込み。台風の進路によっては警報級の大雨となる恐れがある。19日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で沖縄本島地方200ミリ、先島諸島120ミリ。