大手投資会社の傘下となったオリオンビール(浦添市)の新社長に、カナダのスポーツ衣料品メーカー大手「ルルレモン・アスレティカ」の日本法人社長を務めた早瀬京鋳(けいじゅ)氏が有力視されていることが17日、分かった。早瀬氏は代表権を持ち、最高経営責任者(CEO)も兼任する。オリオンは6月中旬に開いた会見で、社長の外部起用を明らかにしていた。早瀬氏は22日に那覇市内で会見を開く予定。

早瀬京鋳氏(繊研新聞社提供)

 オリオンを子会社に持つ特別目的会社「オーシャン・ホールディングス」は外資系飲料、衣料品メーカーの日本法人幹部を歴任した早瀬氏のマーケティング力を生かし、苦戦が続くビール類の事業立て直しに着手する方針とみられる。