那覇市久茂地のタイムスビル1階で17日、もとぶ牧場(本部町、坂口泰司社長)の創立30周年を記念した「もとぶ牧場フェア」が始まった。19日まで。2013年に「全畜連肉用牛枝肉共進会」で最優秀賞を受賞した、もとぶ牛の牛丼やビーフカレーなどを税込み500円から食べられる。ランチタイムは午前11時~午後2時、バータイムは午後5~8時。

肉を焼くいい香りが漂った「もとぶ牧場フェア」会場=17日午後、那覇市・タイムスビル

 開会式で坂口社長は「30周年の節目にフェアを開催でき、非常にうれしい。海外輸出だけでなく、インバウンド向けの取り組みも強化したい」と抱負を述べた。

 初日は、オープンと同時に多くの人が来場した。東京から出張した会社員の野口智史さん(36)は「沖縄に来たら必ずもとぶ牧場に足を運ぶ。このように気軽にランチできるのはうれしい」と話した。

 全国送料無料で、ステーキやハンバーグのギフトセットを通常より1~2割引きで販売。千円分の食事や商品購入で、ステーキセットや食事券が当たる抽選会もある。本部町の山川酒造やアセローラフレッシュなども出店する。 

 おことわり もとぶ牧場フェアは台風5号の接近に伴い、中止になる場合がございます。ご来場の際は沖縄タイムス社総務部までお問い合わせください。電話098(860)3548。受付時間は午前9時から午後7時まで。