17日に沖縄県那覇市安里の一戸建て住宅であった85歳の女性殺人事件。閑静な住宅街で起きた事件に、近隣住民や関係者からは驚きと悲しみの声が上がった。

「80代女性が血だらけで倒れている」と通報があった事件現場の住宅=17日午前9時59分、那覇市安里

 ケアマネージャーの男性(37)は、7月上旬に女性と介護支援計画について話したのが最後となり、「何でこんなことになってしまったのか」と動揺した様子。被害者と交流のあった女性(66)は「気さくな人で、一緒にランチしたり自宅で話したり。言葉も出ない」と涙ぐんだ。

 近くに住む男性(74)は「午前4時ごろに新聞を取りに外に出たら、口論する声が聞こえた」と話す。40代の女性は「息子さんはあいさつしても返す時と無視される時があり、気分にムラがある感じだった。家族で口論しているのを何度か聞いたことがある」と振り返った。