名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で18日午前、新基地建設に反対する市民ら約30人が座り込み、「違法工事中止せよ」「ジュゴンを殺すな」「心が折られなければ新基地は止められる」など抗議の声を上げた。警察による強制排除後、工事車両23台がゲート内に入った。海上行動は悪天候のため中止された。

台風5号の接近に備える市民ら=18日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 時折雨が振る中、市民らは台風5号の接近に備え、テントの布を外すなどの対策をした。