【名護】雄大な一枚岩を背景に、約28メートルの高さから流れ落ちる市数久田の県指定名勝「轟の滝」。昨年12月までに周辺整備を終え、「轟の滝公園」として本格的にオープンして以降、来場者が増え続け、本年度は4〜6月の3カ月間で1万5千人を超えた。