沖縄県の玉城デニー知事は19日の定例記者会見で、沖縄防衛局が名護市辺野古の埋め立て予定海域に生息するサンゴを移植するため4月に申請していた特別採捕許可の判断を、県が国を相手に提起する二つの裁判が終わるまで見送る考えを示した。