100年余り前、多くのウチナーンチュたちが希望を抱いて海外ヘ渡った。私が彼らの苦労話を実感したのは、2008年の日系移民100年記念祭だった。