全国でホテルや旅館などを展開するカトープレジャーグループ(加藤友康代表取締役兼CEO)傘下のKPGホテル&リゾート(沖縄県読谷村、田中正男社長兼COO)が運営する分譲型リゾートホテル「グランディスタイル沖縄読谷ホテル&リゾート」(読谷村瀬名波)が26日、開業する。19日に関係者を招いたレセプションがあった。

デラックスツイン(全25室)=19日、グランディスタイル沖縄読谷ホテル&リゾート

スタンダードな「スーペリアツイン」(全20室)=19日、グランディスタイル沖縄読谷ホテル&リゾート

デラックスツイン(全25室)=19日、グランディスタイル沖縄読谷ホテル&リゾート スタンダードな「スーペリアツイン」(全20室)=19日、グランディスタイル沖縄読谷ホテル&リゾート

 「沖縄を美しくしなやかに遊ぶ」をコンセプトに、客室は50・32平方メートルから78・7平方メートルと広々とした間取りの5種類全54室。4階建ての施設内には読谷の街や海を一望できるプールも楽しめる。

 加藤氏は「お客さま一人一人に喜んで頂き、沖縄を代表する新しいライフスタイルを提案していきたい」と強調。田中氏は「大人が美しくしなやかに遊べる場所を提供していきたい」と語った。

 宿泊は16歳以上が対象。問い合わせは同ホテル、電話098(987)8300。