県が発表した2018年度の観光収入は、入域観光客数の増加などにより初の7千億円台となったが、前年度に立てた目標値の7991億円には届かなかった。1人当たり県内消費額もここ数年伸び悩んでいるが、滞在時間が短く、消費額が低いクルーズ客が増え、平均宿泊日数や消費額を一気に上げにくい構図もある。